腰痛を自分で治す

自分で治す腰痛トレーニング

腰痛改善トレーニング


腰痛予防のためには、腰周辺の筋力強化が有効です。   人間には一番下の肋骨から腰の骨の間には、背骨以外に支える骨がありませんから、どうしても腰痛が起きやすくなってしまっているのです。   そのため、その骨の少ない部分にある筋肉を鍛えることで、筋肉がサポーターのような役割をしてくれることを期待できるのです。   腰周りの筋肉と言えば、腹筋と背筋ですが、やり方によっては余計に腰を痛める結果にもなります。   まず、背筋は職業などによっては、すでに使いすぎていて、更なるトレーニングがオーバートレーニングとなることもあります。   腹筋に関しても、上体起こしでは副次的にしか働かなかったり、余計に腰を痛めてしまうことが珍しくありません。   腰痛予防のためには、腹筋をダイレクトに鍛えるクランチというトレーニングや、外から見える腹筋の下にあるお腹の筋肉を鍛えるトレーニングが有効になってきます。

 

タグ :       

腰痛 トレーニング